ねこちゃん

アリイブログ教室:猫ちゃんのシニアケア🐱

2016/04/28

こんにちは⭐️

猫ちゃんの平均寿命は14歳と他の動物種と比べると非常に長く、わんちゃんよりご長寿な時代です。特に室内飼育の猫ちゃんの場合は平均寿命が15歳ほどと報告されています。

アリイ動物病院でも、実際に15歳〜17歳までの元気な猫ちゃんに会うことができています。

ご長寿の理由として

1.皆様の大切な動物たちに対する意識の高さ

2.食事の品質向上

3.医療の発展

猫ちゃんは不快な気持ちや痛みなど症状を隠してしまうため、病気の発見が遅くなると言われています。

すこしでも早期発見のお手伝いができるよう、診察時に私自身が意識していることを下記に記載します。

『POINT 1』全体的なバランスの指標です。

毛艶の状態を確認☞ボサボサ、ガサガサしていませんか。毛並みで逆立っている部位はありませんか。

『POINT2』全体的なバランスの指標です。

表情を確認☞目、耳、口などで引きつっている箇所はありませんか。(調子が悪い場合は目がひきつっていることが多いです)

『POINT3』栄養状態、循環不全がないかの指標です。

爪の状態を確認☞爪が太く、傷んでないですか。爪の先端まで、細い血管が見えますか。

『POINT4』胃腸の動きの指標です。

お腹の張りを確認☞硬く、張っている様子はありませんか。ギュルギュルお腹が鳴っていませんか。

『POINT5』痩せていないかの指標です。

触り心地を確認☞あばら骨が触りやすくありませんか。腰骨が触りやすくありませんか。

 

ご自宅でもぜひご確認して頂きたいことは『POINT1』『POINT2』になります。病気の初期段階から変化がでてくる部分になりますので、この2つのPOINTに違和感を覚え、かつ気になる症状(目やに、くしゃみ、吐き気、下痢、食欲不振など)が伴う場合は注意が必要です。

もちろん、飲水量の増減、嗜好性の変化(器からの水を飲まない)、行動の変化(人前に出てこない)なども大切ですので、一緒に確認してくださいね。

病気の早期発見のために、ご自宅で出来るプチ健診です。ぜひ参考にしてみて下さい🎶

アリイ動物病院 院長

電話0466-41-9581