スタッフ

当院の看板犬です🌟

2015/07/12

こんにちは!アリイ動物病院、院長の渡部です。

今日は僕が飼っているポメラニアンのカイくんを紹介します!

カイとの出会いは獣医学生時代になり、かれこれ8年の付き合いになります。カイは後ろ足が悪く、膝蓋骨内方脱臼を重度に患っていました。カイの場合は先天的なトラブルで、脚が悪く譲り受けた経緯になります。当時のカイはいまもそうですが、、、元気一杯、食欲旺盛、人懐っこい性格で、脚以外はどこも悪くありません。

膝蓋骨内方脱臼は高齢になってくると、筋肉量が落ち徐々に脚をあげるなどの症状が目立つようになり、ひどい場合は痛みが出てきます。放っておいて良い病気ではありませんが、必ずしも手術をしないといけない病気でもありません。

カイは症状が出ていた左脚のみ手術をして、筋肉をつける工夫をしながら現在まで両脚とも症状なく元気に過ごしています!!

小型犬は脚が弱い子がいますので、もし脚をびっこする、痛がるなどでお悩みの方がいましたら、お気軽にご相談ください。

少しでも皆様の力になれますよう、これからも頑張っていきます!

アリイ動物病院 院長

image4