わんちゃん

犬の無駄吠えの対応について

2016/11/07

こんにちは⭐️

多くの飼い主様からご相談を頂く悩み事に『無駄吠え』があります。

『無駄吠え』をするタイミングとして、

・お散歩中に他のわんちゃんと遭遇した場合

・玄関のチャイムが鳴った場合

・ご自宅に飼い主様が帰宅された場合/来客者が来た場合

・雷などの大きな音がした場合

などが挙げられます。

そもそも、『吠える』というわんちゃん達の表現は、私たち人間に気持ちを伝える方法になります。

人間から見ると『無駄』に感じる吠え方も、彼らからすると気持ちを伝える必要な吠え方のこともたくさんあります。

例えば、『玄関のチャイムが鳴った場合』を例に考えてみます。

彼らの気持ちとしては

・チャイム=知らない人が入ってくるので、怖い/不安だという気持ち

・チャイム=飼い主様に人が来た事を伝えたいという気持ち

・チャイム=その音自体が怖いという気持ち

この他にもその状況によって、違う感情を伝えたく吠えているケースもあります。

上記の3つのパターンでも、私たち人間にとっては『無駄吠え』になってしまいます。

それは、飼い主様の生活環境(集合住宅なので、近隣の方に迷惑をかけてしまうなど)や来客者が驚いてしまい、ご自宅に招きにくくなることが原因として挙げられます。

『無駄吠え』+『玄関まで飛び出す』という行為になってくると、ますます私たちにとっては不都合な状況になってしまいます💦

何よりも、『吠える』ということに対する『しつけ』は時間を要します。

🐶チャイムの場合の『しつけ』方法🐶

チャイムが鳴り、ワンワン吠えているわんちゃんにまずは『おすわり』&『待て』という号令をおやつを使いながら実践して下さい。

これは『チャイム=吠える』という行動を『チャイム=おすわり/待て=おやつ』という行動に置き換える方法です。

同じ概念で『チャイム=ハウス=おやつ』でも構いません。

この方法はチャイムに対して『怖い/よそ者が侵入してきた!』という気持ちで吠えている子には有効になります。

 

しつけは、わんちゃんの気持ちを考え、受け入れ、そして私たち人間の生活に適応させることです。

ドッグトレーナーの方達はその方法を熟知されている方ですので、しつけでお悩みの方はぜひ一度、お近くのトレーナーの方にご相談してみてくださいね⭐️

アリイ動物病院 院長

電話0466-41-9581