更新情報

体調不良のサインについて🐶😺🐰🐹🐾

2019/05/31

こんにちは💫

動物たちの体調不良のサインはその大小に関わらず、

たくさんのサインがあります。

『体調不良の大きなサイン』

・吐き気、下痢、食欲不振、元気消失、飲水量の増加、血尿、血便、体重減少、疼痛

『体調不良の小さなサイン』(たくさんのサインがありますので、一部のみ記載します。)

・表情の変化(特に目の表情の変化:浮腫み、まぶたが下がる、瞬きの回数など)

・鼻の乾きや口角のたるみ

・涎の量、口臭の増加

・顔から首かけての浮腫み

・四肢の冷え(手足の冷たさ)

・息遣いが荒い

・お腹の張り

・歩き方の変化

・うつむき姿勢、伸びをする姿勢

・排泄間隔の変化(臭いの変化)

私たち獣医師は、主に『体調不良の大きなサイン』を指標に、重症度を判定していきます。

ですが、病気の早期発見には『体調不良の小さなサイン』が一番大切だと考えております。

 

では、当院に来院されましたわんちゃんの実例をご紹介いたします。

『ご家族様の主訴』:1週間前よりどこか辛そうにしている。

具体的にお話を伺ったところ、お散歩時にとぼとぼ歩きうつむくことが多くなっていました。

また、食べる時間が遅くなり、表情も暗い顔をしていました。

上記の症状はまさに『体調不良の小さなサイン』です。

このわんちゃん、実はペットボトルの蓋を誤食していました😥

通常、誤食をすると、『吐き気や食欲不振』といった『体調不良の大きなサイン』を訴えることが多いです。

誤食したものが影響して、胃炎や腸閉塞などの病気を発症することが『吐き気や食欲不振』を引き起こします。

もちろん、誤食したものの種類によっても、症状の大きさに変化が出てきます。

アリイ動物病院では、診察時に『動物たちからのサイン』と同じように

『ご家族様からの稟告』を非常に大切にしております。

気になることや、最近増えたなと感じる小さな変化は、

遠慮なくお伝えください。

実はその変化こそが『体調不良の小さなサイン』の可能性もあります。

宜しくお願いいたします。

 

アリイ動物病院 院長