アリイブログ教室

『アリイブログ教室』

2015/10/07

こんにちは⭐️

今月からアリイ動物病院は病気やしつけなどの情報を発信をしていきます‼️

その名も・・・『アリイブログ教室』ですっ🐶🐱🐰🐹🐾

今回は『シリーズⅠ:食道疾患』の特集を皆様にお伝えしていきます⭐️

食道は口と胃をつなぎ、食べ物が最初に通る臓器になります。

実は食道という臓器は非常に賢く、食べ物が口から入ってくると食道表面の粘膜が反応して、脳へ『食べ物が入ってきた』というメッセージを送ります。(迷走神経から脳幹に刺激がいきます)

その結果、、、脳からの指令で食道が運動することで、動物たちは食べ物を飲み込んでいるのです。(食道運動を蠕動運動といい、食道の筋肉が活躍します)

そのため、食道疾患の多くは『食道→神経→脳幹→筋肉』のどこかに異常があるために起こります。

🐶代表的な疾患🐱

食道内異物(誤食)

これは食道→神経→脳幹→筋肉のうち食道自体のトラブルになります。

症状は持続したヨダレ、悪心です。発症年齢は特になく、私たち人間のものを食べてしまう癖がある子は要注意です‼️

・巨大食道症

これは食道→神経→脳幹→筋肉のうち食道、神経、脳幹、筋肉のどこかにトラブルが起きています。

症状は食べたあとに直ぐ吐いてしまうことです発症年齢の多くは若齢の子にみられますが、高齢の子(重度の膵炎や胃腸炎に併発します)にもみられます。

長くなってしまったので、今回はここまでにしますが、

次回は『巨大食道症』の好発犬種を初め、その原因から診断方法までをご説明していきたいと思います。

これからも『アリイブログ教室』を宜しくお願いします‼️

アリイ動物病院 院長

電話0466-41-9581