アリイブログ教室

アリイブログ教室:胃の病気⭐️

2015/11/14

こんにちは🎶

前回からの続き👉わんちゃんの『胃の病気』について、今回はお話します。

私たち人間と同じように、わんちゃんも若い子と高齢の子で『胃の病気』の種類が異なります。

🐶若齢犬に多い病気(3歳齢以下の子)🐶

・感染症(寄生虫、ジアルジア、トリコモナス、嫌気性菌、ヘリコバクター)

・食事反応性胃腸症(食べ物アレルギー)

・繊維反応性胃腸症(食べ物アレルギー)

・過敏性胃腸症(ストレス性)

🐶高齢犬に多い病気(8歳齢以上の子)🐶

・胃腫瘍(悪性腫瘍)

・炎症性胃腸症

・胃ポリープ(良性腫瘍)

・幽門狭窄症

・慢性胃炎/胃潰瘍

上記にあげる病気は症状として『吐く』という行為が増えてきます。

『吐く』ことが週に3回以上ある場合は、一度ホームドクターの先生とご相談してみて下さいね。

お電話でのご相談にも対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。

アリイ動物病院 院長

電話0466-41-9581